【訃報】18年ダービー馬ワグネリアンが多臓器不全で死亡

【訃報】18年ダービー馬ワグネリアンが多臓器不全で死亡

【訃報】18年ダービー馬ワグネリアンが多臓器不全で死亡

123

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2022/01/06(木) 10:19:02.47 ID:meLkt8t50

 18年の日本ダービー馬ワグネリアン(牡7歳、栗東・友道康夫厩舎、父ディープインパクト)が5日午後6時頃、栗東トレセン内の入院馬房で死んだ。

 友道調教師によると同馬は肝臓疾患で入院していたが、5日に容体が悪化したという。解剖の結果、死因は多臓器不全。ラストランは昨年11月28日のジャパンC18着となった。6日朝には同馬とのコンビで初の日本ダービー制覇を達成した福永祐一騎手も栗東トレセンを訪れ、天へ旅立った相棒と対面した。
https://news.yahoo.co.jp/articles/2dafa78b525673135affd65f6edd5570f95703a2

続きを読む

続きを見る

競馬情報カテゴリの最新記事