記者「エピファネイアこそが最強馬。GI2勝にとどまるレベルではなかった」

記者「エピファネイアこそが最強馬。GI2勝にとどまるレベルではなかった」

記者「エピファネイアこそが最強馬。GI2勝にとどまるレベルではなかった」

87

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/09/24(金) 23:17:24.81 ID:PSlfcFSh0

 今回、僕が取り上げたのはエピファネイア。多くの方の認識とは違うでしょうが、僕は同馬こそが近年の最強馬ではないか…と考えているくらいで、その理由は満足な状態で走ったレースが非常に少なかったから。 デビュー前の熱発騒動に始まり、ひどいソエに悩まされたり、これまた中間に熱発があったり、ハミに敏感になり過ぎて口を切っていたり…と
書き出したら止まらないくらいに大変だった馬で、ダービーでは堂々のノーマーク! 思い出しますね、その週の木曜日。飲みに行った他厩舎のスタッフと、 「ダービー出走馬で絶対に飛ぶ人気馬を教えましょうか? エピファネイアです」「そんなもん、知ってるわ」なんてやり取りをしたんです。あの無駄な会話は何だったんだ!(苦笑)

 デビュー以来で最低の状態と感じた2014年の天皇賞(秋)は、さすがに6着に沈みましたけど、これが国内での最低着順で、着差はわずかに0秒2。どんだけ強いんだよ、と思いましたね。 JCでのぶっちぎりを見たとき(しかも、折り合いを欠いていたのに)は、ホントは別の惑星からきた馬なんじゃないの、と。それくらいにレベルが違っていた。僕は勝手にそう思っているんです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/15d2618ab89431be216453654049171b4e5ff438

続きを読む

続きを見る

競馬情報カテゴリの最新記事