五輪委員会「馬術の障害を日本っぽくダルマにしたろw」→馬が怖がり減点続出

五輪委員会「馬術の障害を日本っぽくダルマにしたろw」→馬が怖がり減点続出

五輪委員会「馬術の障害を日本っぽくダルマにしたろw」→馬が怖がり減点続出

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/08/03(火) 21:48:40.40 ID:x5QtYbHK0

 東京五輪は2日、総合馬術の最終種目の障害飛越が行われ、「だるま」があしらわれていた障害で失敗する選手が続出した。
 障害飛越の個人予選では、だるま以外にもこけしや桜の木、金魚など日本の文化をアピールするものが使われていた。 その中でもだるまは赤や青、紫の大小様々な大きさのものが馬と選手をにらむようにあしらわれ、特に目を引いていた。
個人予選では、出場選手のうち、多くの選手がだるまの障害で減点された。 そのためか同じ日に行われた総合馬術個人障害の決勝ではだるまは使われず、東京オリンピックのマスコット「ミライトワ」にとって代わられた。
ツイッターでは、「一番の注目ポイント消えた」「(だるまは)ちょっと怖かったよね」「(馬が)怖がるから撤去しちゃったのか」など、馬を心配する投稿も見られた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/265db183c8408ca873c209a531bd4f29a4ed3d5f

71

続きを読む

続きを見る

競馬情報カテゴリの最新記事