サイバーエージェント藤田晋氏が4億7千万円で落札したディープ産駒の馬名が「ドーブネ」に決定

サイバーエージェント藤田晋氏が4億7千万円で落札したディープ産駒の馬名が「ドーブネ」に決定

サイバーエージェント藤田晋氏が4億7千万円で落札したディープ産駒の馬名が「ドーブネ」に決定

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/07/26(月) 07:45:49.92 ID:gQF39VMx0

 千葉サラブレッドセール(千葉県両総馬匹農業協同組合主催)で4億7010万円(税抜き)の値がついたドーブネ(牡、武幸、父ディープインパクト)が23日に函館競馬場に入厩しました。落札者は人気コンテンツ「ウマ娘プリティーダービー」を展開するサイゲームスの親会社サイバーエージェントの藤田晋氏。 セレクトセールで23億以上の爆買いをしていたのも記憶に新しいですよね。
 24日はゲートを見せたりと環境に慣れることを重点に置いた調整。 青毛の馬体を光らせている様子は「これが4億7000万円か~」という感じで、周囲の注目を集めていましたよ。
武幸師は「まだ入ってきたばかりで分からないけど、スクーリングなどいろんなことを試すことができるのは北海道のよさだよね」と話してくれました。
 またがった南井助手は「初日にしてはだいぶ落ち着いている。背中も悪くないし、フォームもきれいだった。初日なのでまだまだ分からないけど、バネがありそう」と話していました。 今後はゲート試験を受けて、合格後にデビュー戦へ向けた調教を行う予定。デビュー戦が楽しみです。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8ae0f0b9adac1dd83a9442cf5baf2cff756fc7bb

59

続きを読む

続きを見る

競馬情報カテゴリの最新記事