ヒロシ「芝を走る東京ダート1600でG1フェブラリーSを行っていいものか、以前から疑問に思っている」

ヒロシ「芝を走る東京ダート1600でG1フェブラリーSを行っていいものか、以前から疑問に思っている」

ヒロシ「芝を走る東京ダート1600でG1フェブラリーSを行っていいものか、以前から疑問に思っている」

hiroshi02

1: 名無しさん@実況で競馬板アウト 2021/06/04(金) 20:41:08.50 ID:scUzSw1N0

 東京ダート1600メートルは、JRAのダートコースで唯一1600メートルで行われる。それだけでも特異性は高いが、しかも芝のポケット(引き込み線上)にゲートが設置され、スタート後は内枠なら約150メートル、大外枠ならさらに30メートル余計に芝の上を走る特殊な設定になっている。
 しかも、最初のコーナーである3コーナーまでの距離は、最後の直線より100メートル以上長い640メートル。これも同じ東京コース、あるいは他場にはない長さだ。指摘し始めるとキリがないぐらい、東京ダート1600メートルというコースは特異性にあふれている。 一番スピードが出やすいスタート直後に芝を100メートル以上も走るコースでJRAのダート最強馬決定戦・フェブラリーSを行っていいものか、個人的には以前から疑問に思っていた。それはともかく、(以下略)
https://race.sanspo.com/smp/keiba/news/20210604/etc21060418000003-s.html

続きを読む

続きを見る

競馬情報カテゴリの最新記事